アスペルガー 治療



アスペルガー症候群の治療方法

アスペルガー症候群の治療ですが、薬などで治療できる病気ではありません。かといって放置して良いのかといえばそうではなく、アスペルガーを患う人もその周りの人も、病気を正しく理解することが重要になります。

 

アスペルガー症候群は後天的な病気というよりも、先天的な障害と捉えられています。そのため、薬でどうにかできるものでもなく、大切なことは患う人自身がアスペルガーであることを認識しなければなりません。

 

アスペルガーの方は、先天的に集団生活に溶け込みにくく、また集団の中で自然に身に付けるさまざまなマナーやコミュニケーションが理解しにくいと言われています。

 

それは病気ではなく、先天的な状態と言い換えても良いでしょう。むしろ本人がアスペルガーであると認識できれば、社会生活にも溶け込みやすくなるでしょう。「療育」「心理療法」などと呼ばれる対処を続けることによって、集団生活における適応能力が高まることが期待されています。

 

アスペルガー症候群を患っている方のなかには、イライラが増してきたり、夜寝つきが悪いなどといったトラブルを抱える場合があります。そのような場合は向精神薬や精神安定剤、睡眠薬などを処方されることがあります。これらは対症療法であり、症状を完全に治すわけではありません。

 

アスペルガー症候群に対処するには、療育や心理療法が効果的と言われています。それらの処置を行うにあたって、まずは親御さんなどの保護者がアスペルガーの方の気持ちを理解し、立場に立ってあげることも重要です。

Sponsored link


>> 人気記事 アスペルガーの有名人や芸能人