アスペルガーと噂される有名人 スティーブ・ジョブズ



アスペルガーと噂される有名人 スティーブ・ジョブズ

スティーブ・ジョブズは世界的にも広く知られているアップルコンピュータの創業者です。

 

2011年には他界されてしまいましたが、彼が残した数多くの商品は今でも多くの世界中の人々に愛され続けています。

 

皆さんご存知の通り、スティーブ・ジョブズは売り出す製品にも妥協を許さない性格だったため、アスペルガー症候群ではないかとの噂が長い間ささやかれています。

 

とりわけ目立ったアスペルガー症候群の症状は、スティーブ・ジョブズの幼少期から見られたと言われています。
非常に手のかかる子供だったようで、自分が疑問に思ったことをそのまま行動に移してしまうといった特徴を持っていました。

 

大人が使用するヘアピンは電気を通すアイテムなのかを確かめるため、コンセントに入れてしまい感電させるといった事故を起こしたり、学校での授業中に花火をしてしまうなど、スティーブ・ジョブズのエピソードは様々あります。

 

今でこそスティーブ・ジョブズは世界的な有名人となりましたが、実際に関わっていた方々はスティーブ・ジョブズの短気な一面に悩まされていたとの話もよく耳にします。

 

自分の感情任せで取引先の相手を怒鳴りつけてしまうようなこともあり、その場にいたスタッフが凍りついたという話などもあります。

 

またスティーブ・ジョブズは前述の通り強いこだわりを持っており、食生活においてもベジタリアンは体臭に悩まされることがないといった理由から、シャワーも浴びず生活をしていたと言われています。

 

他にも、毎朝ファッションに悩む時間がもったいないと言う意識から、自分の気に入ったタートルネックを大量に注文し、黒いタートルネックにデニム姿というスタイルを貫いていました。

 

このような異常とも思えるような、こだわりと思い込みはアスペルガー症候群を代表する特徴です。
亡くなってしまったこともあり、真実は闇の中ですが、エピソードを照らし合わせてみるとアスペルガー症候群と噂されるのも頷けます。

 

→ アスペルガー症候群の有名人

Sponsored link


>> 人気記事 アスペルガーの有名人や芸能人