アスペルガーと噂される芸能人 さかなクン



アスペルガーと噂される芸能人 さかなクン

さかなクンはテレビで拝見することの多い芸能人ですが、実は魚に関することなら、何でも熟知していることでも知られています。

 

東京海洋大学で客員准教授を務めているなど、世間からもその博識を評価されている人物です。
しかし、さかなクンはこれまでアスペルガー症候群ではないかとの噂が挙がっており、いくつかのエピソードが要因と言われています。

 

さかなクンは魚介類に関して料理法を含め詳しい知識を持っていますが、このように一つのことに対し集中してこだわりすぎてしまうというのは、アスペルガー症候群の方の大きな特徴と言えます。

 

中学校の頃は吹奏楽を水槽学と思っていたり、初恋の相手は魚だったなど、自ら公表をしています。
働き始めてからも、すし屋や魚店に勤めるなど、魚にこだわる就職先ばかりを選んでいたようです。

 

また、テレビでは、そのテンションの高さもアスペルガー症候群を疑われる引き金となっています。
アスペルガー症候群の一つの症状として、テンションが高いという症状があるわけではありませんが、感情をコントロールすることができずに、奇声や破壊行動をすることもあり、さかなクンに似た行動を見ることができる場合もあります。

 

また、アスペルガー症候群にはコミュニケーションの欠落もその代表的な症状と言われています。
さかなクンの場合、人とのコミュニケーションが苦手という印象はありませんが、葬儀の場面でも特注の帽子をかぶって弔問に訪れるなどといった話もあり、空気が読めないとしてアスペルガーではないかと噂されるエピソードとなっています。

 

アスペルガー症候群は天才肌、奇才肌と言われることもあり、こういった部分がさかなクンの色々な点に重なっていることも噂される理由といえるでしょう。

 

→ アスペルガー症候群の有名人

Sponsored link


>> 人気記事 アスペルガーの有名人や芸能人