アスペルガーと噂される有名人 トーマス・エジソン



アスペルガーと噂される有名人 トーマス・エジソン

トーマス・エジソン

 

電球、蓄音機、電話などの発明家として知られている トーマス・エジソンもアスペルガー症候群ではなかっただろうかと言われる人物です。

 

アスペルガー症候群だけでなく、AD/HDいわゆる注意欠陥、多動性障害や学習障害も持っていたのではとも言われていますが、過去に存在した偉人の中にはアスペルガー症候群だったと言われている方も少なくありません。

 

アスペルガー症候群の特徴の一つに、空気が読めない、さらには人の話をしっかりと聞けないという症状がありますが、トーマス・エジソンもこうしたエピソードがあります。

 

小学生の頃の授業中には、あまりにもたくさんの質問を先生にするため毎回授業を中断させてしまっていたそうです。
他の生徒のことや先生の都合などを考えず、自分の思ったままに行動をとってしまう点は、確かにアスペルガーの特徴と重なります。

 

どんなことについても、どうしてだろう?という疑問が非常に強く、それが数々の発明のつながったことは明らかですが、やはり若い時からその兆候が見られていたのでしょう。

 

またアスペルガー症候群は後先を考えることが苦手という症状がありますが、トーマス・エジソンも火をつけ、物が燃えることに興味を持ち、自宅の納屋を燃やしてしまったとも言われています。
このような数々のエピソード故、先生にも父にもトーマス・エジソンは見放され、学校からも追い出されているそうです。

 

とはいえ、トーマス・エジソンのとった、その場の空気が読めない自己中心的な行動と疑問への移譲と言えるほどのこだわり、発明への強い情熱は、アスペルガー症候群の特徴と言えるかもしれません。
過去の偉人ですので、証明することは不可能ですが、噂があるのも納得です。

 

→ アスペルガー症候群の有名人


Sponsored link


>> 人気記事 アスペルガーの有名人や芸能人