アスペルガーと噂される有名人 ビル・ゲイツ



アスペルガーと噂される有名人 ビル・ゲイツ

ビル・ゲイツはマイクロソフト創業者ですが、アスペルガー症候群という噂があります。

 

小さなころから理系科目を得意としており、記憶力に関しても優れていた彼ですが、アスペルガー症候群は、自分の興味のあることに異常な才能を発揮する特性もあるため、ビル・ゲイツのこうした事柄と非常に重なります。

 

小学校時代からビル・ゲイツはパソコンに興味を示しており、特に大学時代にはスリープレス・ビルと呼ばれるほど、プログラミングに夢中になると眠ることなく何時間でも没頭していたとの話も聞かれます。

 

もちろんこうした積み重ねが、マイクロソフトの開発につながったのですが、並外れた集中力であることが分かります。
こうした異常なほどのこだわりと行動はやはりアスペルガーの症状と言えるかもしれません。

 

他にも体を前後に揺らすロッキングという症状も見られたようで、俗にいうチック症の一つですが、社長になった後もこの癖が取れることはなかったようです。
アスペルガー症候群の全ての方がチック症を発症するわけではありませんが、アスペルガーの特性として、チック症を併発することは少なくないようです。

 

また、ビル・ゲイツは話す際にも声のトーンに変化がないと言われることもあり、これもアスペルガー症候群の方の特徴的な話し方だとされることもあります。

 

興味のないことについては人の話を聞かない、さらには、自分の興味のあることをどんどん進めてしまうといったことからも他人とのコミュニケーションが苦手で、アスペルガー症候群との噂がささやかれているようです。

 

→ アスペルガー症候群の有名人

Sponsored link


>> 人気記事 アスペルガーの有名人や芸能人