アスペルガー 発達障害



アスペルガー症候群と発達障害

アスペルガー症候群とは、広汎性発達障害と呼ばれる発達障害の一種であり、別名「高機能広汎性発達障害」や「高機能自閉症」などという呼び名も存在しています。高機能とは何かというと、その人の知能が精神遅滞には該当せず、通常と同じレベルの知能指数を有しているという意味で高機能と呼ばれています。

 

アスペルガー症候群と自閉症は厳密に区別する必要は無いとされていますが、一般的に人と関わろうとするか、しないかという点でアスペルガー症候群と自閉症が区別されています。

 

そもそも、発達障害とは直接的な治療方法がないため、周囲の理解が必要不可欠です。多くのアスペルガー患者さんは幼い頃からコミュニケーションや社会性などにおいて何らかの傾向が現れますが、子供のうちはアスペルガーの症状が発見しにくく、大人に近づくにしたがって「何かがおかしい」と思われ、病院を受診するケースが多いのが現状です。

 

発達障害自体は薬で治すことはできませんが、本人が少しでも社会に適応しようと努力をすることで、社会性やコミュニケーション能力が身につき、次第に人と合わせられるようになっていきます。

 

アスペルガー症候群などの発達障害は、その人の脳の機能に何らかのトラブルがあり、機能不全に陥っていることが原因と言われています。そのため、現在の医学では治すことはできません。そのかわり、患者さんとその周囲の人々が協力して「療育」を続けることで、発達障害を克服して生活することができるようになります。

Sponsored link


>> 人気記事 アスペルガーの有名人や芸能人