アスペルガー 原因



アスペルガー症候群の原因について

アスペルガー症候群の原因が何なのかについては、現代医学ではまだはっきりと分かっていません。親の育て方やしつけ方などなどが問題視されることもありますが、これはアスペルガー症候群の直接的な原因ではないとされています。

 

もちろん育て方次第で本人のメンタリティや性格に影響を与えることは間違いありませんので、アスペルガー症候群の子供だからといって叱ったり怒ったりせず、きちんと病気に対して理解を示しながら、愛情を持って接することが重要です。

 

アスペルガー症候群の原因でもっとも有力視されているのが「脳の機能不全」です。脳が先天的に障害を持っており、そのためにアスペルガー症候群を発症したという説です。ただし、脳のどこに障害があるのかは未だ不確定であり、推測の域を出ていません。

 

前頭前野、小脳、脳幹などさまざまな部位の障害が取りあげられていますが、一方では遺伝的要素もあると言われており、アスペルガー症候群をもたらす原因はよく分かっていないのが実情です。最近では、赤ちゃんの出生時に何らかの脳機能への異常が起きたため、脳の特定部位に不全が起きたという説も展開されています。

 

アスペルガー症候群は、社会性の欠如やコミュニケーション能力の不足などといった特異な症状を示します。中には多動やチック症などの合併症を発症することもあり、それらが脳機能の障害から来るのか、精神的要因が絡んでいるのかは未知数で、さらなる解明が期待される部分でもあります。

Sponsored link


>> 人気記事 アスペルガーの有名人や芸能人