アスペルガー 大人



大人のアスペルガー症候群について

アスペルガー症候群は、小児から大人まで幅広い年代の方が発症している病気です。一人称的な見方をする特徴があり、円滑な人間関係を築けないという問題があり、近年社会的に認知度が高まってきています。いわゆる発達障害の一つとして知られていますが、大人になれば多くの人と必然的に接するようになりますから、アスペルガー症候群を患う方は特に自分自身の病気を認識しなくてはなりません。

 

大人になってから、「もしかしたら自分はアスペルガーではないのか?」と疑問を感じた方は、当サイトで診断できるページを作りましたので試してみて下さい。
アスペルガー診断テスト

 

大人になってからアスペルガー症候群が見つかった方の場合、自分が病気だとは認識しづらく、会話も自分の言いたいことを常に話す習慣がついています。そのため、相手がどう感じるか、どう思うかという部分には興味や関心が少ない傾向にあります。

 

そのようなアスペルガー患者さんには、ご家族や配偶者などの身内がサポートをしながら、社会性を身に付けられるよう指導していかなければなりません。自分でなんとかしようと思っても、アスペルガーという病気が自発的な改善を邪魔してしまうため、他者の協力が必要不可欠になります。

 

指示や頼みごとが聞けないアスペルガーの方でも、大人になるとさすがに「自分は他の人とは違うのでは」という意識が芽生えてきます。アスペルガーは知能レベルは標準で、決して知能が遅れているわけではありませんから、人と比べて何かが違うことは理解しているのです。しかしそこで何もせずにいれば社会性は身につきません。

 

先ほども述べましたが、アスペルガー症候群を患う方は周りの協力が何よりも大切です。そして、アスペルガー患者さん自身も自分の病気の特徴を自覚しなくてはなりません。そうすることで、他人を思いやれる心を持ち、社会でも人と上手くやっていくスキルが身についていくのです。

 

アスペルガー症候群の動画

「アスペルガー症候群と診断された歌手」の動画です。

10分ほどの動画なのでぜひご覧下さい。

 

Sponsored link


>> 人気記事 アスペルガーの有名人や芸能人